NYCのゲイカルチャーの中で生まれたDANCEである「VOGUE」。アメリカのスーパースター「マドンナ」の歌で世界的に有名になった事でしられている。そのシーンの中で生まれた「HOUSE」(チームや家族を指す)の中でもカリスマ的な位置にあるのが「HOUSE OF NINJA」である。1983〜84年の時期に当時から「VOGUE」シーンにおいてカリスマ的存在だった「WIILI NINJA」を中心に「HOUSE OF NINJA」を結成。マドンナ「VOGUE」や映画「PARIS IS BURNING」などで主演やバックダンサー、そして「ジャンポール.ゴルチェ」のモデルなどでカリスマ的地位を不動のものとした。2006年に残念ながら「WILLI NINJA」は亡くなったが、その後もアメリカ国内を中心に世界中のメディアやコンテストなどでのメンバーの活躍は凄まじく、現在では世界中に支部を持ち巨大な「ダンスカンパニー」へと成長している。


 
PROFILE
House Danceの聖地New Yorkにて“The House Dance Project”の中心メンバーとして5年間活動し、“The Carnival”や“SF Hiphop Dance Fest”など数々のshowに招待されるなど、他国でのワークショップやShowを含め、世界的に活動しているダンサーである。彼はHouse Music界において最も勢いのあるアーティスト&プロディーサーである“Mr.V”のステージダンサーとして活動したり、コレオグラファーとしても「Da Pump」のPVや各地でのライブステージに出演する等の活動を行ってきた。また、NYのブライアングリーン主催「House Dance Conference 2007」優勝や1on1のハウスダンスバトル世界一を決める大会「House Dance International」においても、2007・2008年と連覇し世界チャンピオンになる等、バトラーとしての顔も持つ。現在はVOGUEの神である“Willie Ninja”の作った伝説のチーム“House of Ninja”の新メンバーとして、VOGUEの普及にも努めている。日本に帰国後、日本最大のソロバトルイベント「DANCE@LIVE FINAL2010」のハウスサイドのグランドチャンピオンに輝くなど、彼の存在なくしてこれからの日本のハウスシーンは語れないほどの逸材である。House Danceの聖地New Yorkにて“The House Dance Project”の中心メンバーとして5年間活動し、“The Carnival”や“SF Hiphop Dance Fest”など数々のshowに招待されるなど、他国でのワークショップやShowを含め、世界的に活動しているダンサーである。