NYCのゲイカルチャーの中で生まれたDANCEである「VOGUE」。アメリカのスーパースター「マドンナ」の歌で世界的に有名になった事でしられている。そのシーンの中で生まれた「HOUSE」(チームや家族を指す)の中でもカリスマ的な位置にあるのが「HOUSE OF NINJA」である。1983〜84年の時期に当時から「VOGUE」シーンにおいてカリスマ的存在だった「WIILI NINJA」を中心に「HOUSE OF NINJA」を結成。マドンナ「VOGUE」や映画「PARIS IS BURNING」などで主演やバックダンサー、そして「ジャンポール.ゴルチェ」のモデルなどでカリスマ的地位を不動のものとした。2006年に残念ながら「WILLI NINJA」は亡くなったが、その後もアメリカ国内を中心に世界中のメディアやコンテストなどでのメンバーの活躍は凄まじく、現在では世界中に支部を持ち巨大な「ダンスカンパニー」へと成長している。


 
PROFILE
16歳からBREAK DANCEに目覚める。
その時に見たダンサー“PEET”(BE-BOP CREW)に衝撃を受け、師事する為単身で広島へ。“PEET”率いる「P-FACTION」のメンバーとなり直系の弟子として活躍。 後に、東京へと活動の場を移しアーティストのバックダンサーやレッスン、クラブイベントのゲストなど
メジャーシーン、アンダーグランドともに展開。また、ダンスだけでなくカルチャーそのものを愛し、その背景から得たOLD SCHOOLマナーをハズさないデザインにも定評があり各界からのオファーも多い。現在も「P-FACTION」に在籍しながら“BBOY ZORA a.k.a FEVER BREAKS”として彼独自のOLD SCHOOL ファンクウィルスを撒き散らしている。
「HOUSE OF NINJA」のメンバーとして活動中